日記やあらゆるテーマを紹介

事務の仕事がしたいのなら

書類を作成したり電話の対応をしたりといった仕事内容が主な事務。事務、と言われると「簡単そうな仕事だ」と思う人もいるかもしれません。
しかし会社ごとに作成する書類の内容が違っていたりしますし、会社の状態を把握していなければまともな電話対応さえできません。記憶力が必要となるため想像しているよりも厳しい仕事なのです。
ですが、そんな事務の仕事に就きたい、と考えている人もいます。「書類を作成するのが好き」「事務の雰囲気が好き」「パソコン操作が好き」理由は人それぞれだと思いますが、事務職は競争率が高くもあります。
特別な資格が必要ではないので応募者が多いのですね。では、採用されるためにはいったいどんなことに気をつければいいのでしょう。

資格か実務経験があると有利

面接官の目に留まりやすくなるものといえば、やはり資格か実務経験です。事務職に役立つ資格は「マイクロソフトオフィススペシャリスト」が定番。パソコンの知識をアピールしたいなら「パソコン検定」もありでしょう。
資格があるとどの程度のスキルを持っているのかを主張することができますが、実際に有利なのは“実務経験”です。
百聞は一見にしかずということわざがあるように、知識だけではなにもできません。どちらをアピールするのか考えているのであれば“実務経験”を優先しましょう。

Copyright (C)毎回都合がいいよねー All Rights Reserved.